奨学金返済しきるまで頑張るブログ

仕事で精神状態を悪化させながらも奨学金をがんばって返済するブログです。

ハイヒールを履いて東京を歩き回ったら足の親指が動かなくなった

先日東京旅行に行きました。

美術館を巡ったり、ド田舎ではなかなか巡り合えない

アートや美味しい物を楽しみました。都会は楽しいナァ~

 

その時からなんか「変だな」という感覚はあったのです。

足先がなんだか動きにくいというか…

そしたら木曜日の夜、寝返りをうったら足先に激痛が!!!

昨日の朝、起きたら右足の親指が腫れていました…

痛すぎて歩けない、動かせない。なんだこれは。

 

全く意味がわからず整形外科に行き、

レントゲンを触診をしてもらったところ

骨折やねんざではなく、「種子骨周辺の炎症」ということがわかりました。

 

 

種子骨(しゅしこつ、sesamoid boneラテン語:Ossa sesamoidea)は、筋肉の中に形成されるである[1]。多くの場合、骨の歪に応じて形成される[2]

役割として、頻繁に移動する部位(手や足)に生じ、腱や靱帯の方向を変える滑車のようにふるまい、骨と腱の間の摩擦を減らし、筋力を伝達する腱の能力を高める[1]。また、脱臼するのを防いでいる[3]骨化の程度はまちまちである。

種子骨 - Wikipedia

 

上のwikiページを見ていただくと、丁度自分が炎症を起こした

種子骨のレントゲン写真が掲載されています。

「足の親指になんか異物があるけど!?骨折れたの!?」

と思いましたが、皆持ってる種子骨でした。

びっくりしたー

それにしても、靭帯の中に骨があるなんて知らなかった。

 

歩きすぎたり(運動でもなるそうだ)、

ヒールをはく機会の多い女性はなりやすい疾患とのことです。

対策はよく冷やして炎症を鎮めてあげればOKらしく

投薬もほぼナシ(歩けないほど痛かったので鎮痛剤は処方されましたが…)

足を労わってあげてねと言われました。

 

皆様もご注意くださいませ。